• 文字サイズ変更標準

電話番号:092-831-1211

平日 9:00〜17:00 土曜 9:00〜13:00

診療のご案内

診療科

小児科について

子どもの病気と小児科

子どもの病気は、新生児期から思春期まで、様々な病気があります。小児科は、病気の治療はもちろんのこと、そのお子さんの成長・発達の応じた、きめ細やかで、高度かつ専門的な医療の提供が必要な診療科です。

少子化

一方、少子化が叫ばれている昨今、福岡市は政令指定都市の中で、人口増加数、人口増加率とも1位で、福岡市の出生数は増加しています。このような状況のなか、大切な地域のお子さんの健康を守る小児科の果たす役割は大きいと考えます。

地域の小児入院医療に貢献します

しかし、これまで福岡の西部地区には小児科の入院施設が少なく、入院治療が必要となったお子さんは、ご自宅から遠方の病院に入院しなければならず、ご家族にとっては大きな負担でした。この度、福岡大学西新病院の開院に伴い、小児科が新設され、地域、特に福岡の西部地区の小児医療に貢献できるものと考えています。

福岡大学西新病院小児科の特徴(小児科は入院診療のみ)

福岡大学西新病院小児科は、地域の開業の小児科の先生方や急患センターと連携し、当初は入院診療のみ(入院治療が必要なご紹介いただいたお子さんのみの診療)行います。お子さんが退院した後はおかかりつけの小児科の先生のところで診ていただく体制をとってまいります。15床の小児科病床数を備え、休日、夜間を含め24時間365日、常時小児科専門医が院内に待機し、入院中のお子さんの急な病状変化にも適切に対応してまいります。さらなる精査・高度な医療が必要となったお子さんについては、福岡大学病院を中心とした基幹病院と連携し、適切な小児医療を提供してまいります。 また、大学病院の特質を生かした高度かつ専門性の高い小児科外来も将来予定しています。

その子どもの幸せのために

福岡大学西新病院小児科は、「その子どもの幸せのために」をモットーに、お子さん、家族の立場に立った、寄り添う医療を提供してまいります。

×閉じる